小売株は、2月頃から株価は堅調になる マーケット・アナライズplus+ 

2017年12月16日のマーケット・アナライズplus+で、大和証券投資戦略部 シニアテクニカルアナリストの佐藤光さんが、下記の内容について話されてました。

東証業種別株価指数の小売業と、TOPIXの相対パフォーマンスを見ると、小売株は、2月頃に底を打って、その後は、春から良ければ夏位まで、株価は堅調になる様で、2月頃に小売業の株が上がりやすい理由は、小売業の株は、2月決算が多いのと、3月になると、日本では新年度入りとなり、新学期商戦が始まるので、小売株は、3月位に話題になりやすいそうです。

最近では、2月頃に、アジアの旧正月があるので、インバウンド需要(外国人の買い物)が拡大しやすいのも、理由の一つの様で、この様な理由で、小売株の期待感を高める要因となっている様です。

その為、2月前後の押し目で小売業の株を買うと、春に向けて、利益が取りやすくなるとの事です。

マーケット・アナライズplus+公式サイト|BS12 トゥエルビ

ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ
にほんブログ村

株式 ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)