個人が株式を発行し、資金を集めることができる ”VALU(バリュー)” ワールドビジネスサテライト

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年8月21日の「ワールドビジネスサテライト」で、「個人が株式を発行し、資金を集めることができる ”VALU(バリュー)”」の話題がありました。 

仮想株式の「VALU」は、個人が会社の株式の様なものを発行して、売買する事ができるサービスで、画家など資金が必要な個人は、個人の”VALU(バリュー)”を売る事で、簡単にビットコインの形で資金調達ができます。

一方”VALU(バリュー)”を買った人も、その人物が有名になれば、”VALU(バリュー)”の価格も上がり利益がでます。
“VALU(バリュー)”は、ビットコインを使って、他のユーザと自由に売買する事もできます。そして、バリューの売り出し価格と、発行数は、フェイスブックの友達数から自動で算出しているそうです。

VALU | だれでも、かんたんに、あなたの価値をトレード。

すでに1万5000人以上が上場していて、中には有名人もいて、ライブドアの元社長の堀江貴文さんは、時価総額が26億円以上となっているそうです。

堀江貴文さんの価格が上下したのは、2017年7月に堀江貴文さんが出資する観測用の宇宙ロケットの打ち上げが発表されると時価総額は、2倍に急上昇しましたが、ロケットの打ち上げに、失敗すると、価格は2割下がったそうです。

キャスターの大浜平太郎さんが、実際に価格を調査したところ、フェイスブックの友達数は1,000人で、時価総額は、41万8,133円と算出されていました。

“VALU(バリュー)”には、ある欠点があり、先週ある人気ユーチューバーの集団が大騒動を起こしたそうで、”VALU(バリュー)”を発行したばかりのユーチューバーが、ツイッターで「面白いことを企画している」などと投稿したところ、「何か特別な優待が付くのでは」と、ファンなどの期待が高まり、”VALU(バリュー)”の価格は、急上昇しましたが、このユーチューバー達は、その後”VALU(バリュー)”をすべて売り抜き、価格が大暴落したそうです。含み損を抱えた多くのユーザーからは、強い非難が相次いだそうです。

今回の騒動で、数千万円の利益を出したユーチューバー達は、払い戻しに応じると、発表したそうですが、全額返金できるかは不透明との事です。

“VALU(バリュー)”の取引は、全てビットコインの為、金融商品取引法の対象とはならず、相場操縦や、インサイダー取引などの被害からユーザを保護する決まりがありません。

“VALU(バリュー)”は今回の騒動を受け、利用者保護を最優先に考え、新たなルール作りを進めると発表しました。

“VALU(バリュー)”の広がりについて、麻生財務兼金融担当大臣は、「ファイナンシャルテクノロジーの一商品として育てるべきなのかと、ちゃんと育っていくのか、投機の対象となるのかなど、消費者保護と、新しいものを育てると言う両方を考えないといけない」と話していました。

“VALU(バリュー)”が、株と決定的に違うのは、購入者が、議決権を持っているわけでもなく、配当をもらえるわけではないそうですが、購入する場合も本名でしているため、様々なチェックは入るので、それなりに抑止力はあるそうです。

[WBS]ワールドビジネスサテライト:テレビ東京


1日わずか30分だけで、10年連続年収2億円以上|神リッチプロジェクト


ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ
にほんブログ村

株式 ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)