仮想通貨・ビットコインの仕組みと投資リスクと関連銘柄 日経モーニングプラス

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年7月5日の日経モーニングプラスで、BSジャパン解説委員の豊嶋広さんが、下記の内容について話されてました。

インターネット上で流通する通貨の事を、仮想通貨と言いますが、この仮想通貨の代表格がビットコインだそうです。

●ビットコインの取引の仕組み
ブロックチェーンと言う仕組みを使っていて、データは、不特定多数のコンピューターに分散して、管理されている分散型台帳と言う形で、不正を防いでいるそうで、送金手数料などのかかる費用が非常に安くすむメリットがあるそうです。

●個人の方が使う方法
ビットコインには、取引所と言う業者がいるので、その業者に口座を作って、そこを通して、現金を振り込むと、ビットコインになります。これにより、ビットコインで、送金をしたり、お買い物ができる様になります。

●お買い物ができる店舗
海外でも、利用可能な店舗は増えていますが、日本では、お買い物ができる店舗は、1万店位と言われていて、ビックカメラの3店舗や、メガネスーパーは、2017年7月10日から全店で利用可能となったそうです。

●ビットコインの投資商品としての価値
この様に支払手段として使えるとともに、最近関心を集めているのが、投資商品としての価値で、投資商品としては、普通の通貨とは違い、無国籍通貨なので、国家の信用がバックにはなく、そして、供給量が一定のルールで制限されているので、金投資の様な、性格を持っているそうで、ヨーロッパの通貨危機などになると、ビットコインの需要が上がったりします。

●ビットコインの価格の状況
今年は、ビットコインの価格は、急騰しているそうで、2016年7月には、600ドル位だったのですが、2016年6月には、一時3,000ドルを超えて、4倍以上になっていました。
初期の段階では、中国の投資マネーが入ったと言われていましたが、最近は、中国当局が規制をしているので、日本の投資家がかなり買っていると言われているそうです。

●ビットコインのリスク
ビットコインを含む仮想通貨全体の投資リスクは、時価総額が1,000億ドル前後と言われていて、トヨタの時価総額の半分くらいしかないのに、700種類もあるそうで、ビットコインはその中では大きいですが、かなり、相場の乱高下が思惑により、生じているそうなので、利便性は広がって行くとは思いますが、投資商品として扱うには、かなり注意して、リスクがあると考えて取引をした方が良いとの事でした。

2017年7月13日の日経モーニングプラスで、BSジャパン解説委員の豊嶋広さんが、ビットコイン関連銘柄について話されていました。
ビットコインの取引所を運営しているのが、下記の3社位だそうですが、株価はかなり荒っぽい動きをしている様です。

(株)リミックスポイント【3825】:株式/株価 – Yahoo!ファイナンス
(株)フィスコ【3807】:株式/株価 – Yahoo!ファイナンス
SBIホールディングス(株)【8473】:株式/株価 – Yahoo!ファイナンス

日経モーニングプラス|BSジャパン


1日わずか30分だけで、10年連続年収2億円以上|神リッチプロジェクト


ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ
にほんブログ村

株式 ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)