ヨーロッパECBの利上げと日本株の関係 日経プラス10

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年6月30日の「日経プラス10」で、大和証券 チーフテクニカルアナリストの木野内 栄治さんが、下記の内容について話されてました。

過去のヨーロッパのECBの利上げが開始された事が、2回あり、最初が1999年11月で、その時の日経平均株価の天井が2000年4月で、ECBの利上げの5ヶ月後で、その後でECBの利上げが開始されたのが、2005年12月で、その時の日経平均株価の天井が2006年4月で、ECBの利上げの4ヶ月後だったそうです。

その為、ECBが利上げをすると言っても、まだ、心配する必要はない様で、利上げをする場合には、最初にテーパリング(量的金融緩和の縮小)をしなければいけないので、今回ECBが利上げを開始するとしても、2018年の後半になるそうで、その場合の日経平均株価の天井は、早くても2018年終盤になる可能性があるそうで、しばらくは心配する必要はない様です。

日経プラス10 | BSジャパン


1日わずか30分だけで、10年連続年収2億円以上|神リッチプロジェクト


ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ
にほんブログ村

株式 ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)