アメリカのAI(人工知能)対人間の運用成績  Newsモーニングサテライト

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年8月2日のNewsモーニングサテライトで、ホリコ・キャピタルマネジメントの堀古英司さんが、下記の内容について話されてました。


アメリカでは、売買高の約8割がAI(人工知能)又は、システムトレーディングではないかと言われているそうで、システムトレーディングは、今に始まった事ではなく、以前からあるそうで、使われたり、廃れたりするそうです。

実際のパフォーマンスは、6月のウォール・ストリート・ジャーナルのデータによると、年初から5月末までの平均パフォーマンスでは、S&P500は、8.7%上昇していますが、アメリカ最大で、AI(人工知能)や、システムトレーディングを行っているツー・シグマ・インベストメントメンツは、2.5%のマイナスで、AI(人工知能)を含む、クオンツ運用の平均は、1.4%のプラスだそうです。

しかし、人間が運用する方では、S&P500の8.7%を上回るパフォーマンスを出している、投資ファンドは数多くあるそうです。

つまり、AI(人工知能)などのシステムを使う投資は、まだ成績に結びついていないそうで、アメリカのメディアは、トランプ大統領の、よりネガティブ(悪い面)を多く報道する事が多いのと同じで、AI投資が、人間より実績を出した場合に、よりニュースとなりやすい場合が多いそうですが、実際の実力では、ブームに見合った結果が出ていない様です。

Newsモーニングサテライト:テレビ東京

1日わずか30分だけで、10年連続年収2億円以上|神リッチプロジェクト




ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ
にほんブログ村

株式 ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)